公開実験~竹に3種の塗料~

今年もやります「公開実験」‼️

今回は竹に対する塗料の違いの実験です❗️

竹にアクリル樹脂性塗料、木固めエース、ウレタンニスの3種の塗料を塗ってみて、色あせ、ひび割れ、カビの発生などの違いを見てみようと思います。

長ければ1年もかかる気の長い実験です🤣

1番知りたいのは、できるだけ青々とした竹の色が一番長持ちする塗料は何だろうかということです。

竹を使っていると、花入れのように常に水が入っている竹は色あせがとても緩慢です。ということは、水分が飛ばないように塗料で皮膜を作れたら色が長持ちするのではないかと思ったわけです。その点で1番期待しているのはアクリル樹脂を成分とした塗料です。

次に期待したいのは、ひび割れ防止に最も効果的な塗料は何かということです。「木固めエース」という塗料は、乾燥するとプラスチックのように固化するといいますので、これが一番効果があるのではないかと思っています。

ということで、どんな結果になるのか、自分でも楽しみです😄🚩

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    竹光 (土曜日, 02 5月 2020 22:37)

    これは面白い実験ですね!非常に結果が気になります。

  • #2

    高橋 (日曜日, 03 5月 2020 00:10)

    コメントありがとうございます。
    この後に結果報告もアップしていますが、何もしない竹が一番速く色あせが起き、ほどなくひび割れしてしまいました。まあ、それは予想の範囲内だったのでいいのですが、そのほかの塗料を塗った竹もさほどの差はなく、色あせとひび割れが起きてしまいました。ガッカリでしたね。

  • #3

    竹光 (日曜日, 03 5月 2020 20:19)

    爆速のコメント返信とてもありがたいです!二重投稿ごめんなさい。
    結果の記事があったのですね、見逃していました!早速拝見させて頂きます!
    塗料で青落ちを防げるのかな!?とわくわくしていたのですが、色あせとひび割れは防げませんでしたか!難問ですねー……。
    とても面白い検証でした、ありがとうございます!

  • #4

    小田 (金曜日, 29 5月 2020 18:55)

    始めまして。丁度我が家でも庭先のフェンス越しに青竹で目隠しを考えていた矢先、青竹の色は早々もたないと聞きつけ、対応を考えておりました。
    今回の実験で塗料を塗布されたとのことですが、表面のみならず、小口や裏面や節面にも塗布されたのでしょうか。

  • #5

    高橋 (金曜日, 29 5月 2020 20:56)

    はじめまして、高橋です。
    コメントありがとうございます。

    お尋ねの塗装箇所のことですが、竹の全面に塗りました。
    経験的に、竹の水分の蒸発は、竹のツルツルした表面よりは、その内部(黄色い部分)からの方が大きいと思っていたので、竹の切り口はもちろん、その内部(底まで)、裏側も全部塗りました。
    でも、竹の青々とした色合いを保つことは全部できませんでした。

  • #6

    小田 (土曜日, 30 5月 2020 09:50)

    塗料で空気からシールドするだけでは退色劣化は防げないという結果なんですね。稲も青色から収穫時期には藁色に変色していくのと同様にイネ科の竹も避けられないのでしょうかね。最終的に落ち着く色で周りの風景と調和できる様であれば、竹垣にチャレンジしてみます。大変参考になりました!ありがとうございますm m

  • #7

    高橋 (土曜日, 30 5月 2020 10:52)

    なるほど、イネに例えると分かりやすいですね。
    私も竹垣(もどき)を作りましたが、色が少しずつ変わっていくところもいいものだと思いました。
    今ではすっかり黒ずんでいるのですが、それはそれで「ステキ!」と言ってくれる人がいます。
    ある意味それが「自然」だからかもしれません(^.^)